お知らせ」カテゴリーアーカイブ

新機能の停止に関するお詫び

ロゼッタさんの水晶占い

昨日、4月1日に追加された新機能 「発売日大予言」。
利用いただいた皆さんに「感動した♪」、「絶望した!!」と多くの喜びの言葉をいただき嬉しく感じております。

そんな中、誠に申しわけありませんが、この予言機能を停止せざるを得ない自体となったことをお知らせしなければいけません。
予言に協力していただいているロゼッタさんの体力が限界に達したため、これ以上、予言を継続することが難しくなってしまいました。

非常に残念ではありますが、気軽に他に方にお任せできるようなことでもありませんし、涙をのんで機能を停止することになりました。

来年のエイプリルフールも、新刊.net をよろしくお願いいたします m(__)m

新刊.net 3000アカウント

本日、新刊.net が3000アカウントを超えました。

2000アカウントを越えてから 5ヶ月、新規ユーザーの伸びこそゆったりしてきましたが、継続して利用してくれている方はいらっしゃるようで (過去1ヶ月に利用されたユーザーの方は1000アカウント程のようです) 、なんとか地味に改良したり、新規機能も最近で言うと「ブログパーツ」を追加してみたりしています。
劇的になにかが変わるわけではありませんが、より快適に活用してもらえると嬉しいです。

これからも,新刊.net をよろしくお願いします。

そして、3000アカウント記念でいくつか機能追加を行いました。
アップデートについて詳しくは、「本日のアップデート 2008/9/16」をご覧ください。

ブログパーツのはてなダイアリーへの対応

以下のはてなアイデアに、対応要望を作ってみました。

http://i.hatena.ne.jp/idea/20804

私自身は個人的のブログとしてずっとはてなダイアリーを利用しるので、対応されるといいなと考えています。
もし、他にも希望される方がいるようでしたら、↑のアイデアに賛同いただければ嬉しいです。

新刊.net 2000アカウント

本日、新刊.net が2000アカウントを超えました。

新刊.net のベータ公開始めてからちょうど1年。
話題のサービス! とはなっていませんが(笑) アクティブに使っていただいている方もぼちぼちいるようで,嬉しく思っています。
これからも,新刊.net をよろしくお願いします。

このタイミングに合わせ,キーワードの最大登録数を200個まで拡大しました。

新刊.net 1000アカウント

本日、新刊.net が1000アカウントに到達しました。

500アカウントから3ヶ月、作ろう!! とスタッフがPHPやMySQLの勉強を始めてからちょうど1年になります。
過去1ヶ月にアクセスしてくださったユーザさんは約500人と、思った以上にアクティブに利用していただいているようです。

本当ならこのタイミングでいくつかアップデートを考えていたのですが、時間が取れず間に合いませんでした。
12月中にはいくつかのアップデートを行う予定ですのでいましばらくお待ちください。

そのかわりではありませんが、キーワードの最大登録数を150個まで拡大しました。

さらにいまさらですが、新刊.net へのリンク用のバナーを用意しました。
「バナーキャンペーン」 と銘打って、紹介していただけたサイトさんへの逆リンクも行っておりますので、ブログ等でも構いませんので参加して頂ければ幸いです。

新刊.net 500アカウント

本日、新刊.net が500アカウントに到達しました。

サービスのアルファテストから半年、一般β公開から5ヶ月とのんびりペースではありますが、日々アクセスし、活用してくださる皆様に感謝しております。

なかなか大きなアップデートができず、しばらくマイペースの更新になると思いますが、今後もよろしくお願いします。

ベストアソシエイトコンテスト 個人部門第2位

新刊.net が,アマゾンさんの第3回 ベストアソシエイトコンテストで個人部門 第2位に選出されました!

アソシエイト・プログラムによる評価:
ユーザビリティ ★★★★★
リッチなコンテンツ ★★★★
新しいアイディア、試み ★★★★★

アソシエイト・プログラムからのコメント:
Amazon Webサービスと、ユーザーのニーズを結びつけている点において、非常に優れているWebサイトです。お気に入りの本の新刊や、ひいきにしているアーティストの新作はもちろん買いたいけれど、すべてをチェックして覚えておくのは大変。ユーザーが事前に登録しておいた情報に基づいて、新作情報をいち早く届けてくれる本Webサイトは、まさにかゆいところに手が届くサービスと言えます。ユーザーにとって必要な商品情報なのですから、おのずと購入率も高くなります。
(新刊.net の評価のみ引用)

先日のノミネートだけでも十二分に光栄だったのですが、それでもこのような形で評価していただくのは、本当に嬉しいです。
関係スタッフ一同、これからも安定と便利を損なわぬよう、頑張りたいと思います。