アップデート」カテゴリーアーカイブ

CDの新譜チェックの情報源として楽天ブックスを追加しました。

本日、CDの新譜チェックの情報源として「楽天ブックス」を追加しました。
昨年秋に情報源が潰えてから未チェックのままだったCDなので、おおよそ半年ぶりとなります。直接要望もいただいていたので、お待たせしてもうしわけありません。

情報の取得には「楽天ウェブサービス」 より提供されているAPIを利用しております。
これによって取得された情報を元にチェックされたアイテムは楽天ブックスへのリンクを標準として設置していますのでご了承下さい。

また半年ぶりということもあり、昨年秋以降発売済みでチェックから漏れていた新譜が新刊として通知されることがありますのでこちらもご了承下さい。

引き続き細かい修正を施しつつ、雑誌や映像メディアの新刊チェックを追加する予定です。
また現在の所、運営自体は(なんとか)問題ありません。
これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

アイテム表示、書影表示等の改修をいたしました。

新刊.net は昨年の秋以降、openBD.jp、BOOK☆WALKER、楽天ブックスと複数の情報源より新刊チェックをおこなっております。

そして、これまで新刊の取得を再開することを最優先としてきて手つかずだった表示周りの改修もはじめました。
まず縦横比がおかしかった書影表示の改善と、情報源毎のアイテム表示の修正をおこないました。
これにともなって、BOOK☆WALKERから得た電子書籍はBOOK☆WALKERヘ、楽天から得た情報は楽天ブックスへのリンクをメインに変更しております。
お使いいただく際は、その他の書店へのリンクと合わせてご利用下さい。

改修と合わせて、CD、DVD、雑誌等のチェックも再開準備も順次進めております。
書籍以外の利用も小さくないことは重々理解しておりますので、いましばらくお待ちください。

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

新刊チェックの情報源として楽天ブックスを追加しました。

本日、書籍の新刊チェックの情報源として「楽天ブックス」を追加しました。
昨年秋より利用している「openBD.jp」様のデータベースでは足りていない書籍もあり、その補完として追加の情報源を模索しておりました。

情報の取得には「楽天ウェブサービス」 より提供されているAPIを利用しております。
これによって取得された情報を元にチェックされたアイテムは楽天ブックスへのリンクを標準として設置していますのでご了承下さい。

また先の理由により、昨年秋以降発売済みで新刊チェックから漏れていた書籍が新刊として通知されることがありますのでこちらもご了承下さい。

また今回の情報取得開始において誤動作が生じ、一時的に新刊アラート等に不備が生じております。これについては以下の別エントリーを参照下さい。

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

電子書籍、新刊チェックの再開

本日、電子書籍の新刊チェックを再開いたしました。
情報ソースとして「BOOK☆WALKER」を利用しております。

BOOK☆WALKERは、これまでのKindle版とはラインナップや発売日が違っている作品も多くあります。
なにより同一作品であることを厳密に区別するすることが難しく、Kindle版とは別アイテムとして過去の作品が二重に新刊登録されてしまいます。
既にKindle版の新刊チェックは停止していますので、今後の新刊チェックには支障ありません。
またKindle版と発売日やラインナップが違うことで、以下のようにこれまでと使い勝手が変わってしまいます。ご了承ください。

  • BOOK☆WALKERにはあるが、Kindleには無い
  • Kindleにはあるが、BOOK☆WALKERには無い (= 新刊チェックできない)
  • 発売日が違う (特にKADOKAWA系でKindleの発売日が遅いことが多い)

また、先月の openDB への対応後、
タイトルをスペース区切しているキーワードのチェックに問題が出たり、
1週間ほどサイトが激重くなったり、
昨日はほぼ半日の間アクセスが不通になったりの問題が起きておりました。
いづれも解消されております。
ご不便をかけて申し訳ありませんでした。

新刊.net は、引き続き新刊チェックのソースを増やしていく予定です。
まずは以下の2件の対応を進めてまいります。

  • 楽天ブックス系API (書籍)
  • 楽天ブックス系API (雑誌)

「書籍」のソースを増やすのですが、これは openBD が当初考えていたより情報の抜け(例えばマッグガーデンの新刊が含まれていない)が多い為です。

また書影の歪み等、表示レイアウトに問題が出ていることは把握しております。
こちらへの対応も進めておりますが、いましばらくお待ちください。

今後も新刊.netを宜しくお願いいたします。

アップデートしました

新刊.net にいくつかのアップデートを施しました。
(申し訳ありません。実際にアップデートしたのは6月の上旬で、お知らせを失念していました)

以下の通りとなります。

  • キーワード登録時の「試しに検索」で雑誌をスキップとすると正常に試せない問題を修正。
  • 著者名キーワード検索時に、厳密にその氏名が著者名に存在するものだけに限定(これまでは検索結果をそのまま利用していた)
  • 【期間限定無料】とあるアイテムを検索結果から除外
  • 【まとめ買い】とあるアイテムを検索結果から除外

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

文字化け問題の解消

3月末から書籍情報取得元による仕様変更による書籍タイトルや著者名等の文字化けが発生していた問題は今朝までに解消いたしました。
なお、サービス外のキャッシュにより一部の表示の文字化けの解消にはいましばらく時間が掛かるかもしれません。

長らくご不便おかけしてすいませんでした。
これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

Twitter 通知「本日発売するアイテム」の不具合について

Twitter への「本日発売するアイテム」の通知が2月中旬より正常にされていなかった問題を修正いたしました。

先日の「サービスからの大事なお知らせ」でお伝えした件での対応のひとつに問題があり、通知処理が停止しておりました。

何名かの方から報告をいただくまで気づくことが出来ず。ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
「これからも」新刊.netを宜しくお願いいたします。

表紙が書影になっていなかった問題を修正

以前より、複数の書影がある場合に表紙が選ばれていなかった問題を修正いたしました。

サイスポ powerd by ろんぐらいだぁす! 書影

順次、書影を更新しているところなので、全てのアイテムの更新はしばらくお待ち下さい。
これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

「雑誌」の除外機能を追加しました。

これまで要望が多かった「書籍」「Kindleストア」カテゴリのキーワードの新刊チェックから『雑誌』を除外する機能を追加いたしました。

キーワードの追加・編集において「雑誌を含める」かどうかを選択することができます。

本・コミック・雑誌 カテゴリ

まとめて編集

登録済みのキーワードをまとめて編集することもできます。

これまであった「削除」「Kindle版を含める・含めない、に変更」に加え、「雑誌を含める・含めない、に変更」というメニューが追加されました。
編集したいキーワードを選択した後に、ドロップダウンメニューから操作を選択して下さい。

キーワードをまとめて編集

さらに、追加希望があった「書籍のカテゴリをKindleストア、に変更」する機能も追加いたしました。これまで本を新刊チェックしていたキーワードを、Kindle版のみに変更したい場合に利用下さい。

キーワードページへの対応

キーワードページの表示でも雑誌対応を追加しました。

キーワードアイテムの表示

キーワードのカテゴリが「本」「Kindleストア」の場合は、表示に「雑誌」を含めるか、さらに「Kindle版」を含めるかを選択してしぼり込みができるようになりました。

 

最近になって、特に「Kindleストア」においてコミック雑誌が取り扱われることが増え、著作者名でこれらの雑誌が新刊チェックされる例が増えております。
実際、単行本のみを購入している方にとってノイズでしかない雑誌を除く機能は最も多かった要望でした。

以前より要望してくださっていた皆様には、ながらくお待たせしてしまいましたが、活用いただければ幸いです。

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。