映像メディア、ゲームの情報源として楽天ブックスを追加しました。

「映像メディア(DVD/Blu-ray)」「ゲーム」の新作チェックの情報源として「楽天ブックス」を追加しました。

あわせて、新規キーワード登録を含めたカテゴリを現時点において対応しているもの「書籍、電子書籍、CD、DVD/Blu-ray、ゲーム」のみとしました。
情報ソースの限界もあって、現時点でこれ以上のカテゴリに対応する予定はありません。

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

雑誌の情報源として楽天ブックスを追加しました。

「雑誌」の新刊チェックの情報源として「楽天ブックス」を追加しました。
要望もいただいていたのにも関わらず、ながらくお待たせしてもうしわけありませんでした。

あわせて、新刊発見時のキーワードとの関連付けにかかっていた時間も改善いたしました。
これまで時間がかかっていたのですが、早ければ1時間ほどで関連付けられるようになっています。

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

新刊.netのアップデート

新刊.netにおいていくつか不具合の修正をおこないました。

句読点や括弧を含んだキーワードのアイテムが検索されないことがあった問題を解消しました。
実際に、新刊チェックリストに反映されるのにはしばらく時間がかかります。

BOOK☆WALKERのアイテムページの一部のリンクが商品ページへ遷移していなかった問題を修正しました。

新たにキーワードを追加した時、通常の新刊チェックでは無視している期間限定や全巻セットのアイテムも追加してしまっていた問題を修正しました。

「試しに検索」「キーワードを探す」機能を改善しました

キーワード登録時の「試しに検索」「キーワードを探す」が、既に存在するキーワードにのみ有効で存在しないキーワードに対して機能していなかった問題に対応しました。
(正確には、ごく稀にamazonへ問い合わせる過去の実装が機能することがありました)

現在、新刊チェックに構築してある内部の検索エンジンを利用しております。

著者名キーワードの不具合を修正

一部の著者名の新刊チェックに漏れが生じていることが判明した為、検索手法を改善いたしました。

具体的に利用ユーザーから報告いただいた例を上げると、以下のキーワード「著者名:百田 尚樹」において、
http://sinkan.net/?name=%E7%99%BE%E7%94%B0+%E5%B0%9A%E6%A8%B9&action_keyword=true

偽善者たちへ
夏の騎士

などが検索から漏れておりました。
全ての著者名ではないものの、他の著者名でも同様の問題が生じていたので修正いたしました。検索結果については順次更新されます。

CDの新譜チェックの情報源として楽天ブックスを追加しました。

本日、CDの新譜チェックの情報源として「楽天ブックス」を追加しました。
昨年秋に情報源が潰えてから未チェックのままだったCDなので、おおよそ半年ぶりとなります。直接要望もいただいていたので、お待たせしてもうしわけありません。

情報の取得には「楽天ウェブサービス」 より提供されているAPIを利用しております。
これによって取得された情報を元にチェックされたアイテムは楽天ブックスへのリンクを標準として設置していますのでご了承下さい。

また半年ぶりということもあり、昨年秋以降発売済みでチェックから漏れていた新譜が新刊として通知されることがありますのでこちらもご了承下さい。

引き続き細かい修正を施しつつ、雑誌や映像メディアの新刊チェックを追加する予定です。
また現在の所、運営自体は(なんとか)問題ありません。
これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

新刊チェックの障害

2月15日前後頃より各キーワードの新刊チェックが滞っていた問題がありました。
検証中ではありますが、先日の楽天ブックス対応に関連した作業ミスだと思われます。

現在、新刊チェックは再開しております。
ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

アイテム表示、書影表示等の改修をいたしました。

新刊.net は昨年の秋以降、openBD.jp、BOOK☆WALKER、楽天ブックスと複数の情報源より新刊チェックをおこなっております。

そして、これまで新刊の取得を再開することを最優先としてきて手つかずだった表示周りの改修もはじめました。
まず縦横比がおかしかった書影表示の改善と、情報源毎のアイテム表示の修正をおこないました。
これにともなって、BOOK☆WALKERから得た電子書籍はBOOK☆WALKERヘ、楽天から得た情報は楽天ブックスへのリンクをメインに変更しております。
お使いいただく際は、その他の書店へのリンクと合わせてご利用下さい。

改修と合わせて、CD、DVD、雑誌等のチェックも再開準備も順次進めております。
書籍以外の利用も小さくないことは重々理解しておりますので、いましばらくお待ちください。

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。