CDの新譜チェックの情報源として楽天ブックスを追加しました。

本日、CDの新譜チェックの情報源として「楽天ブックス」を追加しました。
昨年秋に情報源が潰えてから未チェックのままだったCDなので、おおよそ半年ぶりとなります。直接要望もいただいていたので、お待たせしてもうしわけありません。

情報の取得には「楽天ウェブサービス」 より提供されているAPIを利用しております。
これによって取得された情報を元にチェックされたアイテムは楽天ブックスへのリンクを標準として設置していますのでご了承下さい。

また半年ぶりということもあり、昨年秋以降発売済みでチェックから漏れていた新譜が新刊として通知されることがありますのでこちらもご了承下さい。

引き続き細かい修正を施しつつ、雑誌や映像メディアの新刊チェックを追加する予定です。
また現在の所、運営自体は(なんとか)問題ありません。
これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

新刊チェックの障害

2月15日前後頃より各キーワードの新刊チェックが滞っていた問題がありました。
検証中ではありますが、先日の楽天ブックス対応に関連した作業ミスだと思われます。

現在、新刊チェックは再開しております。
ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

アイテム表示、書影表示等の改修をいたしました。

新刊.net は昨年の秋以降、openBD.jp、BOOK☆WALKER、楽天ブックスと複数の情報源より新刊チェックをおこなっております。

そして、これまで新刊の取得を再開することを最優先としてきて手つかずだった表示周りの改修もはじめました。
まず縦横比がおかしかった書影表示の改善と、情報源毎のアイテム表示の修正をおこないました。
これにともなって、BOOK☆WALKERから得た電子書籍はBOOK☆WALKERヘ、楽天から得た情報は楽天ブックスへのリンクをメインに変更しております。
お使いいただく際は、その他の書店へのリンクと合わせてご利用下さい。

改修と合わせて、CD、DVD、雑誌等のチェックも再開準備も順次進めております。
書籍以外の利用も小さくないことは重々理解しておりますので、いましばらくお待ちください。

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

新刊チェックの情報源として楽天ブックスを追加しました。

本日、書籍の新刊チェックの情報源として「楽天ブックス」を追加しました。
昨年秋より利用している「openBD.jp」様のデータベースでは足りていない書籍もあり、その補完として追加の情報源を模索しておりました。

情報の取得には「楽天ウェブサービス」 より提供されているAPIを利用しております。
これによって取得された情報を元にチェックされたアイテムは楽天ブックスへのリンクを標準として設置していますのでご了承下さい。

また先の理由により、昨年秋以降発売済みで新刊チェックから漏れていた書籍が新刊として通知されることがありますのでこちらもご了承下さい。

また今回の情報取得開始において誤動作が生じ、一時的に新刊アラート等に不備が生じております。これについては以下の別エントリーを参照下さい。

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

新刊アラートの誤動作の報告

昨日からメール等での新刊アラートの動作に不備が生じております。

こちらは、楽天ブックスへの対応によって生じた不具合となります。
既に存在する書籍データベースを誤って上書き更新してしまい、新刊・更新されたと判定しておりました。
既存の書籍を上書きしないよう修正しましたが、昨日より1日分のアラートに反映されていまいました。

ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。
これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。

電子書籍、新刊チェックの再開

本日、電子書籍の新刊チェックを再開いたしました。
情報ソースとして「BOOK☆WALKER」を利用しております。

BOOK☆WALKERは、これまでのKindle版とはラインナップや発売日が違っている作品も多くあります。
なにより同一作品であることを厳密に区別するすることが難しく、Kindle版とは別アイテムとして過去の作品が二重に新刊登録されてしまいます。
既にKindle版の新刊チェックは停止していますので、今後の新刊チェックには支障ありません。
またKindle版と発売日やラインナップが違うことで、以下のようにこれまでと使い勝手が変わってしまいます。ご了承ください。

  • BOOK☆WALKERにはあるが、Kindleには無い
  • Kindleにはあるが、BOOK☆WALKERには無い (= 新刊チェックできない)
  • 発売日が違う (特にKADOKAWA系でKindleの発売日が遅いことが多い)

また、先月の openDB への対応後、
タイトルをスペース区切しているキーワードのチェックに問題が出たり、
1週間ほどサイトが激重くなったり、
昨日はほぼ半日の間アクセスが不通になったりの問題が起きておりました。
いづれも解消されております。
ご不便をかけて申し訳ありませんでした。

新刊.net は、引き続き新刊チェックのソースを増やしていく予定です。
まずは以下の2件の対応を進めてまいります。

  • 楽天ブックス系API (書籍)
  • 楽天ブックス系API (雑誌)

「書籍」のソースを増やすのですが、これは openBD が当初考えていたより情報の抜け(例えばマッグガーデンの新刊が含まれていない)が多い為です。

また書影の歪み等、表示レイアウトに問題が出ていることは把握しております。
こちらへの対応も進めておりますが、いましばらくお待ちください。

今後も新刊.netを宜しくお願いいたします。

openBD を利用した新刊チェックの開始

10月頭から永らく新刊チェックが滞り申し訳ありませんでした。
本日「openBDプロジェクト」を利用した新たな新刊チェック機構の運用を開始いたしました。

新規発売情報の遅延障害について

10月頭から発生している障害、これまで利用した情報ソースからの新刊取得に大幅に時間がかかっている状況にはかわりなく、これは今後も解消されそうもありません。
その為、新たな情報ソースを利用した新刊チェック機構の実装を進めておりました。

その第1弾として、オープンな書誌情報・書影を提供する「openBDプロジェクト(運用 カーリル・版元ドットコム)」を新たな情報ソースとした新刊チェックを開始いたします。
検索精度の調整等に手間取り1ヶ月以上の間、ご不便をおかけして申し訳ありません。
順次、これまで滞っていた新刊チェックがおこなわれるはずです。

なお、openBDで提供されている情報は「書籍」のみとなります。
その為、再開する新刊チェックのジャンルは「和書・洋書」のみとなります。
申し訳ありません。
さらに、openBDで提供される情報には抜けや遅れがあることも確認しております。

今後、足りない情報の補完の為に順次他の情報ソースへの対応を進める予定です。
現在予定している情報ソースは以下の通りとなります。

  • 楽天ブックス系API (いろいろ)
  • BOOK☆WALKER (電子書籍)
  • 楽天Kobo系API (電子書籍)
  • Yahoo! ショッピング商品検索API (いろいろ)
  • Fujisan WEBサービスAPI (雑誌)

またあいかわらず本職の合間を縫っての開発の為、十分なテストができたとはいえません。
思わぬ誤動作、不具合に不便をかけることもあるかもしれせん。
不具合を確認された方は是非、サポートまで報告をお願いいたします。
また、上記にあげた以外の「情報ソース」をご存じの方、提供していただける方がいましたら合わせて連絡をお待ちしております。

今後も新刊.netを宜しくお願いいたします。

新規発売情報の遅延障害について

新刊.netにおいて先週頭より、
発売予定アイテムの情報取得に大幅に時間がかかるようになっております。
その為、特に新規発売である「ディスカバー」に新たなアイテムがなかなか登録されないという問題が起きております。

こちらは現在、原因を調査しております。
ご不便おかけしますが、いましばらくお待ちください。

アップデートしました

新刊.net にいくつかのアップデートを施しました。
(申し訳ありません。実際にアップデートしたのは6月の上旬で、お知らせを失念していました)

以下の通りとなります。

  • キーワード登録時の「試しに検索」で雑誌をスキップとすると正常に試せない問題を修正。
  • 著者名キーワード検索時に、厳密にその氏名が著者名に存在するものだけに限定(これまでは検索結果をそのまま利用していた)
  • 【期間限定無料】とあるアイテムを検索結果から除外
  • 【まとめ買い】とあるアイテムを検索結果から除外

これからも新刊.netを宜しくお願いいたします。